裏モノ日記

裏モノ採集は一見平凡で怠惰なる日常の積み重ねの成果である。

14日

水曜日

うぉうりゃーを探せ

絵の中で一番気合の入っている人を探しましょう。

※ルナ『ビストロコント』

朝6時に目が覚め、中公文庫版『圓生の録音室』一気に読み通してしまう。
何十回目だがしみじみ名著。青蛙堂版にいくつかエピソードを足している。
最初は圓生の人となりが知りたくて読み、次にひとつのプロジェクトの
立案から完成までを子細に記録した貴重な資料、という感じで読み、
そして今は、丹精な文章のはしばしからかいま見える昭和の雰囲気が
何とも言えない懐しさを感じるのがよくて読んでいる。

録音スタジオにまだ食堂が付帯施設としてあった時代の話だ。
今ならデリバリーの弁当だろう。
たぶん、そういうスタジオはロビーの絨毯も厚いだろう、録音技師の
亀さんが降りてきた階段の手すりはニスを塗った木製のものだろう、
などと絵が目前に浮かぶ。

9時起床。日記つけ、メール連絡。しかし予定が詰まっているなあ。
10時朝食。明太子黄身がけ、漬物。

しばらく原稿書きに没頭。
クリーニング、届けものなどでしばし中断。

3時、阿佐谷へ。とりあえず定食屋でヅケ丼を食べて腹ごしらえ。
阿佐谷ロフトに入って、『ビストロコント』稽古。
ハッシー、テリー、琴ちゃんがテレビの仕事で抜けるという
飛車角落ちであるが、その分、岡っちともやし、菊ちゃんなどが
頑張ってコント作っている。もやしが演出・進行など頑張っているし、
外部からも応援あり。

そして何よりかにより、NC赤英が駆けつけてくれた。
カラーパンクチャーの用具一式を持って、それでしきりにツボに光を
当てているが、しかし元気だ。声にも張りがあるし、頬がふっくら
してきた。タバコも前通り吸っている。
コント“ぶらさがり刑事”も、ブランク感じさせず。

昨日ネタ出しをした“エレベーター”コントや老けた高校生、それに
ダンディクラブなど、やはりセリフの間が慣れてないのでなかなか
うまくとれないが、まずまず笑いもとったし、初めての出演にしては
上出来じゃないかな。客で来てくれた神田陽司さんも褒めてくれたし
(と、人に責任を押し付ける)。

トークも今回は好調。QPさんやrikiさん、ゼファーさん、
隆鍋錦さんなど常連さんに挨拶。シヴヲさんに
「また痩せました?」
と言われる。体重はむしろ増加気味でダイエットの必要性を
感じているのだが、水抜きで腰回りがスッキリしたのであろう。
みんなでテリーにハッピーバースデーツーユー、を歌って、その
画像を送る。いい時代だ。もっとも、今日が誕生日ではないが。

“じげもん”にひさしぶりに。シヴさん、Tくん、アオキング、
しら〜さん。後から岡っち、菊ちゃん来て、反省点など洗い出し。
もちろん笑いながらだが。シヴさんの意見、拝聴。
シヴ、Tくん、菊ちゃん先に帰った後、入れ替わりにハッシーと
琴ちゃん仕事終えて来る。仕事終えたばかりの役者はテンション
高く、ハッシー独壇場となり苦笑。

炙りレバ、茹で砂ギモ、焼き翡鮖劼覆匹脳特顱
飲んで話して気がついたら2時回っていた。
帰宅、顔洗ってすぐ寝る。

Copyright 2006 Shunichi Karasawa